トップ «前の日記(2015-12-08) 最新 次の日記(2015-12-10)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

2015-12-09 WWDCノススメ

WWDCは、Worldwide Developers Conferenceの略で、Appleが年に一回、世界中の開発者を集めて、新技術の紹介や開発にあたっての細かな技術を説明するためのイベントだ。2002年まではAppleの本社があるSan Joseで開催されていたが、2003年からはSan FranciscoのMoscone Westという会場で開催されている。

日本国内で開催される技術系のイベントは、どうしても海外の技術をお勉強するための場という感じになってしまうが、WWDCの特徴は担当部分の責任者であったり、実装を行っているAppleの技術者とやりとりでき、最新の情報が入手できるとともに、それが発表されるタイミングで自分の製品に組み込んだものをリリースできるという利点がある。また、どの分野に注目が集まっているのか、逆にトレンドから外れそうなものなど、流れを感じることができるという利点もある。

開催時期は以前は春から夏の間で変動があったが、最近では6月の第2週あたりに開催されるようになった。月曜日から金曜日に開催され、日本の土曜日に出発すると現地の土曜日に到着し、日曜日で時差ボケの体を慣らして月曜日からのセッションに備え、帰国は現地の土曜日に出発し、日本に日曜日に到着するというのがスタンダードなスケジュールになるのかな?

WWDC参加費以外にかかる費用をどう抑えるかだが、航空機代は頑張るしかない。日本の航空会社にこだわらなくてもかな。宿泊代だが、私のオススメはユースホステル。WWDC期間中は参加さが多く宿泊しており不安も少なく、多少の不便があっても一泊3千円程度は魅力的だ。

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

トップ «前の日記(2015-12-08) 最新 次の日記(2015-12-10)» 編集