トップ 最新 追記

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|

2013-05-06 [iOS]耳コピ用AudioPlayer(その5)

耳コピ用の最低限の機能は実装した。まだ、iPad対応やSongs以外の一覧対応、指定範囲の繰り返し再生等が未実装だが。

本来はオーディオセッションは、アプリケーションの単位で管理する物だと思うが、まだ、仮なので再生画面での管理とした。

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
    
    [[AVAudioSession sharedInstance] setCategory:AVAudioSessionCategoryPlayback error:nil];
    [[AVAudioSession sharedInstance] setActive:YES error:nil];
}
 
- (void)viewDidUnload
{
    [[AVAudioSession sharedInstance] setActive:NO error:nil];
    self.dict = nil;
    self.playerItem = nil;
    self.player = nil;
    [super viewDidUnload];
}

また、viewDidUnloadはメモリ不足時のView解放の為に呼ばれるので、位置としては適切ではないと思うが、アプリケーション単位での管理に変更する際に見直す予定だ。

再生位置をスライダで表示/変更できるようにしたのだが、再生中のスライダの更新をコールバックのハンドラで行う事にした。

- (void)viewWillAppear:(BOOL)animated
{
    DBGMSG(@"%s, dict:%@", __func__, self.dict);
    [super viewWillAppear:animated];
    
    /* 選択された曲 */
    NSURL       *url = [self.dict objectForKey:@"URL"];
    self.playerItem = [AVPlayerItem playerItemWithURL:url];
    self.player = [AVPlayer playerWithPlayerItem:self.playerItem];
    
    /* 再生位置(先頭) */
    self.currentTimeSlider.minimumValue = 0.0;
    self.currentTimeSlider.maximumValue = CMTimeGetSeconds(self.playerItem.duration);
    self.currentTimeSlider.value = 0.0;
    
    /* 生成速度(停止) */
    self.rateSlider.minimumValue = 0.0;
    self.rateSlider.maximumValue = 2.0;
    self.rateSlider.value = 0.0;
    
    /* 再生位置の更新 */
    const double interval = (0.5f * self.currentTimeSlider.maximumValue)
                            / self.currentTimeSlider.bounds.size.width;
    const CMTime time     = CMTimeMakeWithSeconds(interval, NSEC_PER_SEC);
    __block DetailViewController * __weak blockWeakSelf = self;
    self.playerTimeObserver = [self.player addPeriodicTimeObserverForInterval:time
                                                                        queue:NULL
                                                                   usingBlock:^( CMTime time ) {
                                                                       DetailViewController *tempSelf = blockWeakSelf;
                                                                       if (! tempSelf) return;
                                                                       [tempSelf _updateCurrentTimeSlider];
                                                                   }];
}

また、末尾まで再生したら通知を受け取るようにした。これらについては、破棄の処理も必要だ。

- (void)viewDidAppear:(BOOL)animated
{
    [super viewDidAppear:animated];
    
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self
                                             selector:@selector(_playerDidPlayToEndTime:)
                                                 name:AVPlayerItemDidPlayToEndTimeNotification
                                               object:nil];
    
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self
                                             selector:@selector(_playerTimeJumped:)
                                                 name:AVPlayerItemTimeJumpedNotification
                                               object:nil];
}
 
- (void)viewWillDisappear:(BOOL)animated
{
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] removeObserver:self];
    
    if (self.playerTimeObserver) {
        [self.player removeTimeObserver:self.playerTimeObserver];
        self.playerTimeObserver = nil;
    }
    
    [super viewWillDisappear:animated];
}

再生とは再生速度を1.0にする事。停止とは再生速度を0.0にする事になるため、再生速度を自由に変更できるアプリケーションでは、再生と停止のボタンは無くても構わないが、用意した。再生ボタンを押下されると、停止状態なら再生速度を1.0に設定している。

- (IBAction)play:(id)sender
{
    if (0.0 == self.rateSlider.value) {
        self.player.rate = 1.0;
        [self _updateRateSlider];
    }
}
 
- (IBAction)stop:(id)sender
{
    self.player.rate = 0.0;
    [self _updateRateSlider];
}

再生位置と再生速度のスライダで値が変更されたら、再生位置と再生速度を変更するメソッドだ。

- (IBAction)currentTimeSliderDidChanged:(id)sender
{
    [self.player seekToTime:CMTimeMakeWithSeconds(self.currentTimeSlider.value, NSEC_PER_SEC)];
}
 
- (IBAction)rateSliderDidChanged:(id)sender
{
    self.player.rate = self.rateSlider.value;
}

逆に、再生位置と再生速度をスライダに反映するメソッドだ。

- (void)_updateCurrentTimeSlider
{
    const double duration = CMTimeGetSeconds( [self.player.currentItem duration] );
    const double time     = CMTimeGetSeconds([self.player currentTime]);
    const float  value    = (self.currentTimeSlider.maximumValue - self.currentTimeSlider.minimumValue )
                            * time / duration + self.currentTimeSlider.minimumValue;
    
    [self.currentTimeSlider setValue:value];
}
 
- (void)_updateRateSlider
{
    self.rateSlider.value = self.player.rate;
}

最後まで再生したら、再生位置を先頭に戻している。

- (void)_playerDidPlayToEndTime:(NSNotification *)notification
{
    [self.player seekToTime:CMTimeMakeWithSeconds(0.0, NSEC_PER_SEC)];
    self.player.rate = 0.0;
    [self currentTimeSliderDidChanged:nil];
}

これが再生画面。

再生画面

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/ios/AudioPlayer - GitHub

_ 関連情報

iPhone Core Audioプログラミング
Technical Q&A QA1668Playing media while in the background using AV Foundation

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2013-05-07 [iOS]耳コピ用AudioPlayer(その6)

iPodアプリケーションのOn-The-GoインタフェースのArtistsでは、まず、Artistsのリストが表示され、あるArtistを選択するとAlbumsリストが表示され、あるAlbumを選択するのSongsリストが表示されるが、その為で情報を取得する方法を試行錯誤してみたので、それを紹介する。

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
    
    /* Artists一覧の取得 */
    MPMediaQuery    *artistsQuery = [MPMediaQuery artistsQuery];
    NSArray         *artistsArray = [artistsQuery collections];
    for (MPMediaItemCollection *mediaItemCollection in artistsArray) {
        MPMediaItem *mediaItem = [mediaItemCollection representativeItem];
        NSURL   *artistName = (NSURL*)[mediaItem valueForProperty:MPMediaItemPropertyArtist];
        NSLog(@"artist:%@", artistName);
        
        /* Albums一覧の取得 */
        MPMediaQuery    *albumsQuery = [[MPMediaQuery alloc] init];
        [albumsQuery addFilterPredicate:[MPMediaPropertyPredicate predicateWithValue:artistName
                                                                        forProperty:MPMediaItemPropertyArtist]];
        [albumsQuery setGroupingType:MPMediaGroupingAlbum];
        NSArray *albums = [albumsQuery collections];
        for (MPMediaItemCollection *album in albums) {
            MPMediaItem *representativeItem = [album representativeItem];
            NSString *albumTitle = [representativeItem valueForProperty:MPMediaItemPropertyAlbumTitle];
            NSLog(@" album:%@", albumTitle);
            
            /* Songs一覧の取得 */
            NSArray *songs = [album items];
            for (MPMediaItem *song in songs) {
                NSString *songTitle = [song valueForProperty: MPMediaItemPropertyTitle];
                NSLog(@"  song:%@", songTitle);
            }
        }
    }
}

はじめArtists一覧は木構造になっていて、Albums、Songsと辿れると予想していたのだが、そうではなくて、得られた情報から検索条件を作って取得する事になる。

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/ios/AudioPlayer - GitHub

_ 関連情報

iPhone Core Audioプログラミング
Technical Q&A QA1668Playing media while in the background using AV Foundation
iPod Library Access Programming Guide

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2013-05-18 関東第59回Cocoa勉強会

今回は松戸で開催。

前回勉強会は発表されたキーが2個のキーボードのリマッパーと耳コピ用アプリケーション、設定より規約、FontPanel、デバッグTips、VMware等についての発表があった。
キーのリマッパーについては、以前、開催されたUSB分科会のように、ドライバ関連について何かやりたいという提案があった。自分も興味があるので、次回の勉強会で何か発表できたらと考えている。

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2013-05-26 [Android]リスト表示

Android開発環境の状況は変化してきているようで、従来はEclipseに自分でADT (Android Developer Tools)を組み込むのが主流だったが、他の開発でEclipseを使っていない人向けにADT組み込み済みのEclipseが入手できるようになった。
Get the Android SDK
これは便利になったと思っていたところに、先日のGoogle I/O 2013でIntelliJベースのAndroid Studioが発表された。
Getting Started with Android Studio
ただし、まだ、Early Access Preview版ということなので、本件ではADT組み込み済みのExlipseを利用する事にした。

以前、開発環境の雛形から、以下のような簡単なアプリケーションを作成していた。

package demo.hello;
 
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
 
public class HelloWorldActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
    }
}

これに、リストを表示させてみようと思う。iOSでいうところのTableViewのように。

onCreate()メソッドの内容を以下に書き換える。

public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        
        String[] lines = { "Line01", "Line02", "Line03", "Line04" };
        ListView listView = new ListView(this);
        setContentView(listView);
        ArrayAdapter arrayAdapter = new ArrayAdapter(
        		this,
        		android.R.layout.simple_list_item_1,
        		lines);
        listView.setAdapter(arrayAdapter);
    }

これを実行。実機だと画面ダンプの撮り方が分からなかったので、エミュレータでの実行結果だ。

リスト表示

リスト表示するのはListViewクラス。これにlines変数の内容を表示させたいのだが、データとビューの中間で関連付けさせるのがArrayAdapterの役割だ。
setContentView()でlistViewを画面に配置する。iOSのサブビューの追加に似ている?

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2013-05-27 [Android]リスト表示(2)

iOSのUITableViewControllerの様に、画面全体にリストを表示するアクティビティが用意されている。

前回のコードを以下の内容に変更する。

public class HelloWorldActivity extends ListActivity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        
        String[] lines = { "Line01", "Line02", "Line03", "Line04" };
        ArrayAdapter arrayAdapter = new ArrayAdapter(
        		this,
        		android.R.layout.simple_list_item_1,
        		lines);
        setListAdapter(arrayAdapter);
    }
}

もし、アクティビティで使っているListViewが必要になれば、getListView()メソッドで取得できる。

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

トップ 最新 追記