トップ 最新 追記

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2018-02-16 第108回 Cocoa勉強会 関東 BUKURO.swift 2018-02 レポート(2/16)

2018年2月16日(金)の夜間、東京都豊島区の池袋コワーキングスペース OpenOffice FORESTにおきまして、「BUKURO.swift 2017-12」を開催致しました。

_ イベント概要

  • Cocoa勉強会 関東とMOSAの合同勉強会です。
  • macOS/iOS/watchOS/tvOSプログラマーのための勉強会です。
  • 初心者大歓迎です。
  • 関連があれば、他の環境についてもOKです。
  • プログラマーが楽しくプログラミングできるようにサポートする場を提供したい
    • 勉強会に参加された方全員が学びを得られる様にサポートします!
    • 勉強会に参加できない方にも学び得られるよう、勉強会の成果を可能な限りアウトプットします!
    • プログラマの拠り所となる場を目指します!

Cocoa勉強会 関東には、以下のFacebookグループから、ご参加ください。

MOSAのconnpassグループには、以下から、ご参加ください。

発表資料はconnpassページからどうぞ!
また、会場の様子は、ハッシュタグ『#cocoastudy #mosa #bukuroswift』でtweetしています。

_ デザイン・パターン

iOSアプリケーション開発の現場ではデザインパターンが話題となっていますが、最近の傾向では、Microsoftの.NETフレームワーク由来のものが流行っているようです。
でも、そもそも異なる環境向けのものを無理やり適用しようとしているように見えますし、そこで説明されるMVCはCocoaとは異なるものです。
この発表は、とはいっても現場で.NET由来のデザインパターンが選択されたら従うしかないということで、それぞれのフレームワークの内容を発表者が理解するために、資料化したものです。

_ NSDcoument複数ファイルフォーマット その2

意図せず、今回は『Document-based Application特集』になってしまいました。
発表者が製作中のアウトラインプロセッサにOPML形式ファイルのサポートを追加する際の試行錯誤の発表です。
自動保存機能が追加された事による「Save To...」と「Export...」のメニュー項目問題が勉強になりました。

_ NSDcoument複数ファイルフォーマット その3

新規ドキュメントの機能にテンプレートを組み込むお話です。
これについては、他で説明されているのを見たことがないので、貴重だと思います。

_ Developer's Tech Lab

_ Document-based Applicationについて

MOSA de BB掲示板であった質問を切っ掛けに、取り上げることにして見ました。
ホストも興味がある項目なので勉強になったのと、参加者のコメントから、認識に間違いがないか確認できたのがよかったです。

_ BUKURO.makers

BUKURO.swiftの運営が軌道に乗ってきたということで、今後、色々と挑戦して見たいと思っています。その一つに、ある分野に特化した勉強会で、以下を考えています。

* BUKURO.makers

 ものづくり
* BUKURO.games

 ゲーム開発
* BUKURO.ai

 人工知能
* BUKURO.blockchain

 ブロックチェーン

今回はその第一弾でMakers関連をやってみました。将来的には独立した勉強会にしたいのですが、まだ早いと思うので、BUKURO.swiftに間借りしてやってみました。

_ コピー機を作る

BUKURO.makersの第一回の発表を参加された方が事前に用意していくれたのが嬉しいです。
なんと、コピー機を自作するという内容でした。今後が楽しみです。

_ Arduino UNOにESP-WROOM-02をつなぐ

水位計を自作するため、Auduino UnoにWiFiシールドを繋ぐという発表でした。

次回もCocoa勉強会 関東との合同勉強会を3月に予定しています!
BUKURO.gamesというゲーム制作のコーナーを設ける予定です!


2018-02-26 [macOS][iOS]独自Documentクラス

Traditional version of MVC as a compound pattern

MVC

Cocoa version of MVC as a compound design pattern

Cocoa
NS
  • iOS 5 からUIDocumentクラスが用意されたが、少々、オーバースペック。
  • 筆者は、以前から、独自のDocumentクラスを用意していた。

Documentクラスはモデル・コントローラ

Document

Documentクラスの例

 class Document {
    var version: String
    
    private var _uniqueIdentifier: String
    var uniqueIdentifier: String {
        return _uniqueIdentifier
    }
    
    static let sharedInstance: Document = {
        let instance = Document()
        return instance
    }()
    
    init() {
        let infoDictionary = Bundle.main.infoDictionary! as Dictionary
        self.version = infoDictionary["CFBundleShortVersionString"]! as! String
        self._uniqueIdentifier = ""
    }
    
    deinit {
    }
    
    func load() {
        loadDefaults()
    }
    
    func save() {
        updateDefaults()
    }
    
    private func clearDefaults() {
        let userDefaults = UserDefaults.standard
        if userDefaults.object(forKey: "version") != nil {
            userDefaults.removeObject(forKey: "version")
        }
        if userDefaults.object(forKey: "uniqueIdentifier") != nil {
            userDefaults.removeObject(forKey: "uniqueIdentifier")
        }
    }
    
    private func updateDefaults() {
        let userDefaults = UserDefaults.standard
        
        var versionString: String = ""
        if userDefaults.object(forKey: "version") != nil {
            versionString = userDefaults.object(forKey: "version") as! String
        }
        if versionString.compare(self.version) != .orderedSame {
            userDefaults.setValue(self.version, forKey: "version")
            userDefaults.synchronize()
        }
        
        var uniqueIdentifier: String = ""
        if userDefaults.object(forKey: "uniqueIdentifier") != nil {
            uniqueIdentifier = userDefaults.object(forKey: "uniqueIdentifier") as! String
        }
        if uniqueIdentifier.compare(self.uniqueIdentifier) != .orderedSame {
            userDefaults.setValue(self.uniqueIdentifier, forKey: "uniqueIdentifier")
            userDefaults.synchronize()
        }
    }
   private func loadDefaults() {
        let userDefaults = UserDefaults.standard
        
        var versionString: String = ""
        if userDefaults.object(forKey: "version") != nil {
            versionString = userDefaults.object(forKey: "version") as! String
        }
        if versionString.compare(self.version) != .orderedSame {
            /* バージョン不一致対応 */
            clearDefaults()
            _uniqueIdentifier = UUID.init().uuidString
        }
        else {
            /* 読み出し */
            if userDefaults.object(forKey: "uniqueIdentifier") != nil {
                _uniqueIdentifier = userDefaults.object(forKey: "uniqueIdentifier") as! String
            }
        }
    }
    
    private func modelDir() -> String {
        let paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(.documentDirectory, .userDomainMask, true)
        if paths.count < 1 {
            return ""
        }
        var path = paths[0]
        
        path = path.appending(".model")
        return path
    }
    
    private func modelPath() -> String {
        let path = modelDir().appending("/model.dat")
        return path;
    }
}

シングルトンを使わない例

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
   public let document = Document()
    :
}
 let delegate = UIApplication.shared.delegate as! AppDelegate
let document = delegate.document
print(document)

2018-02-28 [macOS][iOS]SwiftでFrameworkを実装する

サンプル・コードの構成を説明すると、macOSアプリケーションにEmbedded Frameworkを組み込んで確認を行った。

Embedded Frameworkに以下の内容のクラスを追加する。

public class QuickDraw: NSObject {
    @objc public func dbgmsg() {
        print("QuickDraw")
    }
}

アプリケーション側のObjective-Cコードから呼び出す例は以下となる。

@import Toolbox;
 
@implementation Exam
 
- (void)dbgmsg
{
    NSLog(@"%s", __func__);
    QuickDraw *qd = [QuickDraw new];
    [qd dbgmsg];
}
 
@end

Swiftコードから呼び出す例は以下となる。

import Toolbox
 
class ViewController: NSViewController {
 
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
 
        let exam = Exam()
        exam.dbgmsg()
        
        let qd = QuickDraw()
        qd.dbgmsg()
    }
 
    override var representedObject: Any? {
        didSet {
        // Update the view, if already loaded.
        }
    }
}

Frameworkはモジュールということになるので、モジュール内で定義したクラスを外部からアクセスするためには、openまたはpublicで宣言されている必要がある。

Frameworkのクラスは、Objective-CでもSwiftでも、モジュールをimportするだけでアクセスできた。

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/mac/Bedrock - GitHub