トップ 最新 追記

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-05-04 [OSX]プロセス間通信(NSPipe)

Cocoaのプロセス間通信について調べてみた。今回はパイプだ。

/* ディレクトリ/配下の一覧を取得するプロセスを用意 */
NSTask *task = [[NSTask alloc] init];
[task setLaunchPath:@"/bin/ls"];
[task setArguments:[NSArray arrayWithObject:@"/"]];
 
/* 渡されたデータを読み取るパイプを用意 */
NSPipe *pipe = [[NSPipe alloc] init];
NSFileHandle *readEnd = [pipe fileHandleForReading];
 
/* 先ほどのプロセスの標準出力にパイプを繋げる */
[task setStandardOutput:pipe];
 
/* 実行 */
[task launch];
 
/* パイプに渡されたデータを印字 */
NSData *stdOutData = [readEnd availableData];
NSLog(@"%@", [[NSString alloc] initWithData:stdOutData encoding:NSUTF8StringEncoding]);

これに似たコマンドは、ちょっと違うが以下かな?

$ /bin/ls / | tee

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/mac/pipe - GitHub

_ 関連情報

Cocoa in a Nutshell

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2014-05-05 [OSX]プロセス間通信(Distributed Notifications)

最近はiOSのアプリケーション開発の比率が高くなっているので利用する機会が減ってきているが、OSXでは異なるアプリケーションに対して通知を送る事ができる。

通知を受け取る側(DistributedServer)のコードは以下のとおり。

@implementation AppDelegate
- (void)applicationDidFinishLaunching:(NSNotification *)aNotification
{
    NSLog(@"%s", __func__);
    [self _registerForNotes];
}
 
- (void)_registerForNotes
{
    NSLog(@"%s", __func__);
    NSDistributedNotificationCenter *dnc = [NSDistributedNotificationCenter defaultCenter];
    [dnc addObserver:self
            selector:@selector(_handleDistributedNote:)
                name:@"DemoDistributedNote"
              object:nil];
}
 
- (void)_handleDistributedNote:(NSNotification *)note
{
    NSLog(@"%s Recieived Distributed Notification!:%@", __func__, note);
}
@end

通知を送る側(DistributedClient)のコードは以下のとおり。

@implementation AppDelegate
- (void)applicationDidFinishLaunching:(NSNotification *)aNotification
{
    NSLog(@"%s", __func__);
    [self _postNotes];
}
 
- (void)_postNotes
{
    NSLog(@"%s", __func__);
    NSDistributedNotificationCenter *dnc = [NSDistributedNotificationCenter defaultCenter];
    [dnc postNotificationName:@"DemoDistributedNote"
                       object:nil];
}
@end

DistributedServerを起動した後に、DistributedClientを起動すると、アプリケーション間で通知が送られることが確認できる。

_ 関連情報

Cocoa in a Nutshell

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2014-05-06 [OSX]プロセス間通信(Distributed Objects)

今度は、Distributed Objects。まずは、プロトコルを定義。

@protocol RemoteObjectProtocol
- (oneway void)receiveString:(NSString *)string;
@end

サーバ側を実装。クライアント側からのメソッド呼び出しに対応。

@interface AppDelegate () <RemoteObjectProtocol>
- (void)_registerForDistributedObjects;
@end
 
@implementation AppDelegate
 
- (void)applicationDidFinishLaunching:(NSNotification *)aNotification
{
    [self _registerForDistributedObjects];
}
 
- (void)_registerForDistributedObjects
{
    NSConnection    *conn = [NSConnection defaultConnection];
    [conn setRootObject:self];
    if ([conn registerName:@"DistributedServer"] == NO) {
        NSLog(@"%s error", __func__);
    }
}
 
- (oneway void)receiveString:(NSString *)string
{
    [self.label setStringValue:string];
}
 
@end

次は、クライアント側。

@interface AppDelegate ()
- (void)_postForDistributedObjects;
@end
 
@implementation AppDelegate
 
- (IBAction)postForDistributedObjects:(id)sender
{
    [self _postForDistributedObjects];
}
 
- (void)_postForDistributedObjects
{
    id  remoteObject;
    remoteObject = [NSConnection rootProxyForConnectionWithRegisteredName:@"DistributedServer"
                                                                     host:@""];
    [remoteObject setProtocolForProxy:@protocol(RemoteObjectProtocol)];
    [remoteObject receiveString:[NSString stringWithFormat:@"%@", [[NSDate date] description]]];
}
 
@end

名前DistributedServerでサーバを探して、プロトコルRemoteObjectProtocolのメソッドを呼ぶと、サーバ側のメソッドが実行される。

_ 関連情報

Cocoa in a Nutshell

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2014-05-09 [OSX][iOS]命名規則

未だに需要があるという事で、現在では元の文書を入手する事が難しいということで、MacAppやTCLの命名規則をまとめる。

CName/TName  クラスの名前
aName  形式パラメータ
cName  静的データメンバ
fName  フラグ。通常はBoolean型データメンバ。
gName  グローバル変数
kName  定数。#define, enum, または、constで定義。
itsName  データメンバ
thename  変数。通常はローカル変数またはデータメンバ。形式パラメータに使用される事もある。
macName  Macintoshデータ構造体。データメンバまたはローカル変数として使用。
IName  CNameクラスの初期化関数。
Dispose  CNameクラスの終了関数。

少し、用語がおかしい部分があるが、当時のメモのそのまま掲載している。

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2014-05-14 [iOS]LINEで送る

iOSからLINEでメッセージを送るのは簡単だ。アプリケーションで以下のURLを呼べばいい。

line://msg/text/メッセージ

ただし、メッセージはUTF-8でURLエンコードされている事。

もし、端末にLINEがインストールされていない場合は、以下のURLで呼ぶと、iTunes StoreのLINEのページを開いてくれる。

http://line.me/R/msg/text/?メッセージ

サンプルコードでは、端末にLINEがインストールされているかどうかでURLを切り替えるようにしている。

- (IBAction)sendLINE:(id)sender
{
    NSString *text = [self.textView.text stringByAddingPercentEscapesUsingEncoding:NSUTF8StringEncoding];
    NSString *urlFormat = nil;
    if ([[UIApplication sharedApplication] canOpenURL:[NSURL URLWithString:@"line://"]]) {
        urlFormat = @"line://msg/text/%@";
    }
    else {
        urlFormat = @"http://line.me/R/msg/text/?%@";
    }
    NSString *urlString = [NSString stringWithFormat:urlFormat, text];
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:[NSURL URLWithString:urlString]];
}

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/ios/SendLINE - GitHub

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

2014-05-24 [OSX][iOS]読み仮名を得る

漢字混じりの日本文の読み仮名を得るサンプルコードを作ってみた。


- (IBAction)doRuby:(id)sender
{
	/* テキストフィールドから日本文を読み取る */
    NSString *inputText = self.inputTextField.stringValue;
    
    NSMutableString *outputText = [[NSMutableString alloc] init];
    
    CFRange range = CFRangeMake(0, [inputText length]);
    CFLocaleRef locale = CFLocaleCopyCurrent();
    
    /* トークナイザーを作成 */
    CFStringTokenizerRef    tokenizer = CFStringTokenizerCreate(kCFAllocatorDefault,
                                                                (CFStringRef)inputText,
                                                                range,
                                                                kCFStringTokenizerUnitWordBoundary,
                                                                locale);
    
    /* 最初の位置に */
    CFStringTokenizerTokenType  tokenType = CFStringTokenizerGoToTokenAtIndex(tokenizer, 0);
    
    /* 形態素解析 */
    while (tokenType != kCFStringTokenizerTokenNone) {
        range = CFStringTokenizerGetCurrentTokenRange(tokenizer);
        
        /* ローマ字を得る */
        CFTypeRef   latin = CFStringTokenizerCopyCurrentTokenAttribute(tokenizer,
                                                                       kCFStringTokenizerAttributeLatinTranscription);
        NSString    *romaji = (__bridge NSString *)latin;
        
        NSString    *token = [inputText substringWithRange:NSMakeRange(range.location, range.length)];
        
        /* 平仮名に変換 */
        NSMutableString *furigana = [romaji mutableCopy];
        CFStringTransform((CFMutableStringRef)furigana, NULL, kCFStringTransformLatinHiragana, false);
        
        [outputText appendString:furigana];
        DBGMSG(@"%s token(%@) latin(%@) furigana(%@)" ,__func__, token, latin, furigana);
        
        CFRelease(latin);
        tokenType = CFStringTokenizerAdvanceToNextToken(tokenizer);
    }
    CFRelease(tokenizer);
    
    CFRelease(locale);
    
	/* レベルに読み仮名を設定する */
    [self.outputLabel setStringValue:outputText];
}

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/mac/Ruby - GitHub

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

トップ 最新 追記