トップ 最新 追記

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|

2020-05-24 [Cocoa][Swift]COVIDs19 Exposure Notifications API

COVIDs19 Exposure Notifications APIは、Bluetoothを使った追跡機能を実装するために、AppleとGoogleが提供するフレームワークだ。このフレームワークを組み込んだアプリケーションを利用すれば、感染者と接触したことを知らせてくれるようになる。

Appleはサンプルコードを公開していて、これを参考にすれば、サーバの応答がシミュレートされているので、サーバ側の実装も参考になるもののようだ。

サンプルコードの実行に必要な条件が、この機能の利用条件か分からないが、この機能を利用するためにAPIが追加されることを考えると、多分、そうだろう。

  • iOS 13.5以上が動作する端末
  • Xcode 11.5以上

サンプルコードの内容な自分の予想以上に色々やっていて、これは個人情報保護のための工夫が理由のようだ。


トップ 最新 追記