トップ 最新 追記

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2019-08-09 [cocoa][swift][Kotlin]Tweeting

システム側でのSNS共有のサポートが終了したり、公式のTwitter Kit SDKのサポートが停止するなどで、スマートフォン・アプリケーションにTweet機能を組み込む方法が変わってきているので、今時点のTweet機能を組み込む方法を調べてみた。

  • ios
    • Social.framework
      iOS11から廃止。
    • Twitter Kit SDK
      2018年10月末でサポート終了。
  • Android
    • Twitter Kit SDK
      2018年10月末でサポート終了。

方向としては、ネイティブ・コード向けライブラリの提供はやめて、Web技術を利用して欲しいということのようだ。

_ iOS

Universal Linksを利用した方法。Twitterアプリケーションがインストールされていない場合はWebブラウザで、インストールされている場合は、Twitterアプリケーションでの投稿となる。

@IBAction func intentTweet(_ sender : Any) {
    let text = "Web Intentの例"
    let encodedText = text.addingPercentEncoding(withAllowedCharacters: .urlQueryAllowed)
    if let encodedText = encodedText,
        let url = URL(string: "https://twitter.com/intent/tweet?text=\(encodedText)") {
        UIApplication.shared.open(url, options: [:], completionHandler: nil)
    }
}

具体的な仕様は以下で説明されている。

このURLに文言をパラメータとして設定してオープンするという仕組みだ。

Twitterアプリケーションがインストールされていない

Twitterアプリケーションがインストールされていない

Twitterアプリケーションがインストールされている

Twitterアプリケーションがインストールされている

iOSの共有機能を提供するUIActivityViewControllerを利用する方法。Twitterアプリがインストールされていないと候補に現れないだとか、SNS共有っぽくはない。でも、テキストに加え、画像も直に共有できる。

@IBAction func activityTweet(_ sender : Any) {
    let text = "共有機能を利用する"
    let bundlePath = Bundle.main.path(forResource: "brownout", ofType: "jpg")
    let image = UIImage(contentsOfFile: bundlePath!)
    let shareItems = [image, text] as [Any]
    let controller = UIActivityViewController(activityItems: shareItems, applicationActivities: nil)
    present(controller, animated: true, completion: nil)
}

共有先を選ぶ

共有機能

Twitterを選ぶと、Twitterアプリの投稿画面。画像も扱える。

共有機能 Twitter

_ Android

ボタンと配置する。最近のAndroid Studioは向上している。Xcode並みに開発しやすくなっている。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">
 
    <Button
        android:id="@+id/intentTweetButton"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginStart="16dp"
        android:layout_marginLeft="16dp"
        android:layout_marginTop="16dp"
        android:text="intent tweet"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />
 
    <Button
        android:id="@+id/shareCompatButton"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginStart="16dp"
        android:layout_marginLeft="16dp"
        android:layout_marginTop="16dp"
        android:text="ShareCompat"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toBottomOf="@+id/intentTweetButton" />
 
</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>

インテントを利用する方法。TwitterアプリがインストールされていないとWebブラウザで、インストールされているとTwitterアプリが利用される。

override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
    super.onCreate(savedInstanceState)
    setContentView(R.layout.activity_main)
 
    val intentTweetButton: Button = findViewById(R.id.intentTweetButton)
    intentTweetButton.setOnClickListener {
        shareTwitter()
    }
}
 
fun shareTwitter() {
    val message = "shareTwitter intent tweet"
    try {
        val sharingIntent = Intent(Intent.ACTION_SEND)
        sharingIntent.setClassName("com.twitter.android", "com.twitter.android.PostActivity")
        sharingIntent.putExtra(Intent.EXTRA_TEXT, message)
        startActivity(sharingIntent)
    }
    catch (e: Exception) {
        Log.e("In Exception", "Comes here")
        val i = Intent()
        i.putExtra(Intent.EXTRA_TEXT, message)
        i.action = Intent.ACTION_VIEW
        i.data = Uri.parse("https://mobile.twitter.com/compose/tweet")
        startActivity(i)
    }
}

iOSのWeb Intentと同様な仕組みだ。

intent tweet

共有機能を利用する方法。TwitterアプリがインストールされていないとTweetできない。

override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
    super.onCreate(savedInstanceState)
    setContentView(R.layout.activity_main)
 
    val shareCompatButton: Button = findViewById(R.id.shareCompatButton)
    shareCompatButton.setOnClickListener {
        shareCompat()
    }
}
 
fun shareCompat() {
    val message = "shareCompat"
    val builder = ShareCompat.IntentBuilder.from(this) 
    builder.setChooserTitle("Choose App")
    builder.setText(message)
    builder.setType("text/plain")
    builder.startChooser()
}

共有先を選ぶ

shareCompat

Twitterを選ぶと、Twitterアプリの投稿画面。画像も扱えるはずだが、自分はうまくいかなかった。

shareCompat tweet

トップ 最新 追記