トップ «前の日記(2012-03-05) 最新 次の日記(2012-03-07)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|

2012-03-06 [iOS]文字列を描画する

iOSでは文字列を描画する方法が複数あるが、それぞれ、長所と短所があるので、適材適所で使い分ける事が大事なようだ。

UILabelを使用する方法。単に描画したいだけなので、ビューでなくてもと思うかもしれないが、高機能なので便利だ。

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
     
    self.label = [[UILabel alloc] initWithFrame:CGRectMake(10.0, 100.0, 200, 50)];
    self.label.font = [UIFont systemFontOfSize:48.0];
    self.label.text = @"UILabel";
    self.label.adjustsFontSizeToFitWidth = YES;
    [self.view addSubview:self.label];
}

UIViewのサブクラスを作成して、-drawRect:で、NSStringのUIKit Additionsで描画するのも手軽だ。

- (void)drawRect:(CGRect)rect
{
    NSString    *str = @"NSString";
    [str drawAtPoint:CGPointMake(10.0, 20.0) withFont:[UIFont systemFontOfSize:48.0]];
}

CoreGraphicsを使う方法もあるが、日本語の扱いや、座標の扱いが難しいので、理由が無い限りはお勧めできない。

- (void)drawRect:(CGRect)rect
{
    CGContextRef    context = UIGraphicsGetCurrentContext();
    CGContextSaveGState(context);
        
    CGFloat height = self.bounds.size.height;
    CGContextTranslateCTM(context, 0.0, height);
    CGContextScaleCTM(context, 1.0, - 1.0);
    
    CGColorSpaceRef cs = CGColorSpaceCreateDeviceRGB();
    CGContextSetFillColorSpace(context, cs);
    CGColorSpaceRelease(cs);
        
    CGContextSetTextDrawingMode(context, kCGTextFill);
    CGContextSetRGBFillColor(context, 0.0, 0.0, 0.0, 1.0);
    
    CGContextSelectFont(context, "Helvetica", 48.0, kCGEncodingMacRoman);
    CGContextShowTextAtPoint(context, 10.0, 10.0, "Quartz", strlen("Quartz"));
 
    CGContextFlush(context);
    CGContextRestoreGState(context);
}

これら三つを使って文字列を描画した例だ。

DrawString

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/ios/DrawString - GitHub

_ 関連情報

iOS描画および印刷ガイド
Apple Developerサイトの情報。日本語に翻訳されている。
MOSADeN Online:「iPhoneアプリ初級脱出Online:高橋政明」
豊平文庫アプリケーションの高橋さんの記事。丁寧な説明で参考になる。

トップ «前の日記(2012-03-05) 最新 次の日記(2012-03-07)» 編集