トップ «前の日記(2012-05-14) 最新 次の日記(2012-05-17)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2012-05-16 [iOS]Facebook SDKを利用する

Facebook Developersサイトの説明が素晴らしいのと、アプリケーションとして登録する必要があるため、サンプルとしては困る部分があるので、著者が工夫した事について説明する。

Facebook SDKを使ったアプリケーションをGitHubで公開する場合に気をつけた事に、Facebook SDKのソースをサンプルのgitに含めないことだ。前回作成した静的ライブラリ一式をXcodeのプロジェクトにドラッグ&ドロップすると、それをgitに追加しようとする。

そこで、Finderの操作で静的ライブラリ一式をプロジェクトのフォルダにコピーしておいて、それをXcodeのプロジェクトにドラッグ&ドロップする。

finder

こうすれば、既にディレクトリ上に存在する為、Xcodeはそれをgitに追加しようとしないようだ。

proj

Facebook対応で最初に行うのは、OAuth対応だと思うが、機器上にFacebookアプリがない場合はSafariで、ある場合はFacebookアプリで認証を行うようだ。なので、シミュレータと実機で異なる処理の流れになる。

そして、認証後にアプリケーションに戻ってくる為に、URLスキームを登録するようだ。

url

URLスキームの頭の"fb"でFacebookであるとの、その後ろにつけるアプリケーションIDでアプリケーションを区別して、認証後に戻るアプリケーションを呼び出す仕組みのようだ。

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/ios/Facemash - GitHub

_ 関連情報

Facebook開発者
iOS Tutorial
facebookの開発者サイト。
facebook-ios-sdk
Facebook SDK for iOS
iOSチュートリアル
Facebook開発者の為のサポートサイト fb.developers'+

トップ «前の日記(2012-05-14) 最新 次の日記(2012-05-17)» 編集