トップ «前の日記(2012-07-15) 最新 次の日記(2012-07-21)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2012-07-17 [Web]Ruby on Rails

以前、『[iOS][Web]iPhoneアプリケーションとサーバ間の通信』の回でRuby on Railsを取り上げたが、今回は、Railsそのものを取り上げる。

以前の回では、~/Doccuments/rails/配下に、workbookというアプリケーション環境を生成したが、今回は、その並びにweblogというアプリケーション環境を生成する。

$ cd ~/Doccuments/rails/
$ rails new weblog
$ cd weblog
$ ls
Gemfile		app		doc		script
Gemfile.lock	config		lib		test
README.rdoc	config.ru	log		tmp
Rakefile	db		public		vendor
$ rake db:create

TOPページを静的コンテンツから、動的なものに変更する。

$ rails generate controller home index
$ vi app/views/home/index.html.erb
<h1>Home#index</h1>
<p>Find me in app/views/home/index.html.erb</p>
<h1>Hello, Rails!</h1>  ←追加
$ mv public/index.html public/old.index.html
$ vi config/routes.rb 
Weblog::Application.routes.draw do
  get "home/index"
  root :to => 'home#index'  ←追加
end

サーバ起動。

$ rails server

「http://localhost:3000/」にアクセスすると、「index.html.erb」に追加した文言が表示されているはずだ。

_ 【Cocoa練習帳】

http://www.bitz.co.jp/weblog/
http://ameblo.jp/bitz/(ミラー・サイト)

トップ «前の日記(2012-07-15) 最新 次の日記(2012-07-21)» 編集