トップ «前の日記(2018-11-13) 最新 次の日記(2018-11-20)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2018-11-15 [cocoa][swift]BUKURO.swift 2017-12 を振り返る

2017年12月6日(水)の夜間、東京都豊島区の池袋コワーキングスペース OpenOffice FORESTにおきまして、「BUKURO.swift 2017-12」を開催致しました。

_ # 勉強会について

  • Cocoa勉強会 関東 Swift分科会 です。
  • ほぼ毎月、池袋コワーキングスペース OpenOffice FOREST で開催してます。
  • macOS/iOS/watchOS/tvOSプログラマーのための勉強会です。
  • プログラムに関する知識や経験を共有を目的としています。
  • 会の活動内容や発表資料、サンプルコードは公開を前提としています。
  • 申し込みは、connpassから。
    https://cocoa-kanto.connpass.com/

_ # 概要

  • 発表資料はconnpassページからどうぞ!
  • 会場の様子は、ハッシュタグ『#cocoaswift #cocoastudy #bukuroswift』でtweetしています。

_ # ぼっち開発について

今回からMAKERS関連の発表をしていこうとなったのですが、それに賛同していただいて、用意していただいた発表が『ぼっち開発について』。
紹介されているのは、日誌を書くこと。自分はこういう話を聞くと、直ぐに日誌をどう実装するかと脱線してしまいますが、そんなことにならないように、来年こそは頑張らないと!という気持ちになりました。
資料は、実際のノートの内容が掲載されているため、公開されません。あしからず。

_ # Swiftリファレンスを作っています

Swiftは仕様が複雑だ!書籍の説明は申し訳ないですが冗長だ!だったら自分でリファレンスを作ればいい!githubで公開すれば、執筆手伝ってくれるかも!
ということで、始めました。
Swift_in_a_Nutshell

_ # Swiftで線形代数

発表者は自身の欠点は分かっています。目的があったのに、その手前で興味が赴くままに進んでしまう。神経回路網の数理をやりたいのに、その基礎となる線形代数から始めてしまう。BLASを使った例です。

_ # TensorFlowについて

GoogleのMachine Learning Developer Meetupに参加してきたので、それの報告です。ただ、TensorFlowそのものより、登壇された伝説のJeff Dean氏の話題で盛り上がってしまいました。
彼のキーボードはキーが二つしかないそうです。0と1だそうです!
gccの最適化オプション-o4を指定すると、彼にソースが送られ、最適化されて返ってくるそうです!

_ # BUKURO.makers

ものづくり関連として、今回は、昔販売されていた左手で操作するSmartScrollという機器をSwiftでI/O KitのUSB Device Interface使って利用する挑戦が発表されました!

_ # 三次元グラフフィックスの相談

参加者からの相談で三次元グラフィックスについて、議論が白熱しました。これについては、機会をみて、取り上げたいと考えています。

_ # Xcodeのバージョンをあげたら単体テストで警告が

これも参加者からの相談です。皆で解決策を探っていきました。


トップ «前の日記(2018-11-13) 最新 次の日記(2018-11-20)» 編集