トップ «前の日記(2019-07-15) 最新 次の日記(2019-08-09)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2019-07-20 [cocoa][swift]NSUndoManager

NSUndoManagerの利用は、Swiftで楽になったと思うが、その仕組みが見えにくくなったと思うので、Objective-Cの場合から説明する。

CocoaのUndoとRedoは、NSInvocationというクラスでNSObjectの子クラスとメソッドを保持し、それをNSUndoManager内のスタックで管理することで実現している。

なんらかの操作を行うと、Undoに必要なNSInvocationのインスタンスがUndoスタックに積まれていく。

undo stack

ユーザがUndoを行うと、Redoに必要なNSInvocationのインスタンスがRedoスタックに積まれていく。

redo stack

Objective-Cのコードで、以下のようになる。

- (void)makeItHotter
{
    temperature = temperature + 10;
    [[undoManager prepareWithInvocationTarget:self] makeItColder];
}
 
- (void)makeItColder
{
    temperature = temperature - 10;
    [[undoManager prepareWithInvocationTarget:self] makeItHotter];
}

makeItHotterで温度を10度上げて、makeItColderをNSUndoManagerに積む。

makeItColderでは、温度を10度下げて、makeItHotterをNSUndoManagerに積む。

これをSwiftを書く場合、積むメソッドのselectorを用意するのが面倒になるのだが、selectorを必要としないメソッドが用意されていた。以下のようになる。

func makeItHotter() {
    var temperature = self.textField.intValue
    temperature = temperature + 10
    self.undoManager?.registerUndo(withTarget: self, handler: {
        vc in
        vc.makeItColder()
    })
    self.textField.intValue = temperature
}
 
func makeItColder() {
    var temperature = self.textField.intValue
    temperature = temperature - 10
    self.undoManager?.registerUndo(withTarget: self, handler: {
        vc in
        vc.makeItHotter()
    })
    self.textField.intValue = temperature
}

_ ソースコード

GitHubからどうぞ。
https://github.com/murakami/workbook/tree/master/mac/Temperature - GitHub

トップ «前の日記(2019-07-15) 最新 次の日記(2019-08-09)» 編集