トップ «前の日記(2019-10-10) 最新 次の日記(2019-11-30)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2019-10-31 [macOS]zshでgitのブランチ名を表示させる

Mojaveまでは、手動でCommand Line Toolsをインストールしたら設置されるスクリプトを使ってbashでgitのブランチ名を表示させていたが、Catalinaからは設置されないようになったようだ。また、Catalinaからはzshがデフォルト・シェルになったということで、zshでgitのブランチ名を表示させる方法を調べた。

ホームディレクトリ配下に.zshというディレクトリを作って、そこにgit-completion.zshとgit-prompt.shをダウンロードして配置する。

% cd
% mkdir .zsh
% curl https://raw.githubusercontent.com/git/git/master/contrib/completion/git-completion.zsh -o ~/.zsh/git-completion.zsh
% curl https://raw.githubusercontent.com/git/git/master/contrib/completion/git-prompt.sh -o ~/.zsh/git-prompt.sh

.zshrcに以下のコードを追加する。

# Git
 
fpath=(~/.zsh $fpath)
 
if [ -f ${HOME}/.zsh/git-completion.zsh ]; then
        zstyle ':completion:*:*:git:*' script ~/.zsh/git-completion.zsh
fi
 
if [ -f ${HOME}/.zsh/git-prompt.sh ]; then
        source ${HOME}/.zsh/git-prompt.sh
fi
 
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=true
GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUPSTREAM=auto
 
setopt PROMPT_SUBST ; PS1='[%n@%m %c$(__git_ps1 " (%s)")]\$ '

これで、zshのプロンプトにgitのブランチ名が表示されるようになる。


トップ «前の日記(2019-10-10) 最新 次の日記(2019-11-30)» 編集