トップ «前の日記(2019-12-24) 最新 次の日記(2020-01-02)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|

2020-01-01 [macOS][Kotlin]開発環境を用意する

仕事でAndroidアプリケーションをKotlinで開発しているので、macOSでKotlinを試してみる。

KotlinといえばAndroidStudioでAndroidアプリケーションをプログラミングだと思うが、macOS上で動作するKotlinで書かれたプログラムを動かしたいので、開発環境としてIntelliJ IDEAを使うことにする。IntelliJ IDEAはUltimate EditionとCommunity Editionがあるか、Kotlinプログラミングの学ぶ目的なら、Community Editionで大丈夫だ。JetBrains社のWebサイト (https://www.jetbrains.com/ja-jp/idea/download/#section=mac) からダウンロードしよう。

download

IntelliJ IDEAが入手できたら、Java仮想マシンで動作するプログラムのプロジェクトを生成する。

新規プロジェクト
Kotlin_JVM
Project name

この状態では、Kotlinのソースファイルは作られていないので、srcフォルダを右クリックして、New > Kotlin File/Class を選択して、Kotlinファイルを生成する。

new file
Kotlin File

そして、hello, worldを印字するコードを書く。

fun main(args: Array) {
    println("hello, world")
}

Run.

run

hello, world と印字されている。


トップ «前の日記(2019-12-24) 最新 次の日記(2020-01-02)» 編集