トップ «前の日記(2020-12-23) 最新 次の日記(2021-01-05)» 編集

Cocoa練習帳

iOS/iPhone/iPad/watchOS/tvOS/MacOSX/Android プログラミング, Objective-C, Cocoa, Swiftなど

2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|

2021-01-02 [SwiftUI]Appプロトコル

XcodeでiOSの新規Appプロジェクトを生成すると雛形から作られるのが、Appプロトコルを実装する〜Appクラスだ。

import SwiftUI
 
@main
struct LandmarksApp: App {
    var body: some Scene {
        WindowGroup {
            ContentView()
        }
    }
}

計算型プロパティbodyの実装は必須となる。

WindowGroupはビュー階層のコンテナ。

ContentViewはアプリで独自に実装したビュー。

import SwiftUI
 
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Text("Hello, World!")
            .padding()
    }
}
 
struct ContentView_Previews: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        ContentView()
    }
}

Viewプロトコルを実装したContentViewがアプリ独自のビュー。PreviewProviderプロトコルを実装したContentView_PreviewsはXcodeのプレビュー表示にContentViewを表示させるためのもの。

ContentViewの計算型プロパティbodyにビューの内容を実装する。

サンプルコードでは、文言"Hello, World!"をテキスト描画している。


トップ «前の日記(2020-12-23) 最新 次の日記(2021-01-05)» 編集